本文へスキップ

 

Each Section

Section of Bio and Environment Ethics

生命環境研究室では、生命科学および環境科学の最先端研究を行うとともに、これら科学が引き起こす社会的および倫理的諸問題の研究(生命倫理、環境倫理)を行っています。
 生命倫理教育、環境教育、道徳・倫理の生物学的基盤の研究についても取り組んでいます。

Section of Human Studies

人の生き方や社会のあり方を考えるためには、人間の本性をどうとらえるかが重要なカギになりますが、その人間性について人間学的な角度から研究をしています。
 また、人間や社会の問題について貴重な指針を与えてくれる「世界の聖賢」(ソクラテス、イエス、釈迦、孔子など)についての研究もしています。その他、道徳史や道徳思想史などの研究も含め、幅広く研究を行っています。

Section of Chikuro Hiroike Studies

モラロジー研究所・廣池学園の創立者、廣池千九郎(1866〜1938)に関する調査、研究を行っています。
 廣池は学者として、教育者として明治、大正、昭和の間を生き、多数の著作や講演記録等を残しました。こうした散在する資料を収集、整理、保存し、それをもとに廣池の事跡や思想を考察して、その人間像を今に伝えています。い。

Section of Social Science

経済・経営、国際政治などの分野における倫理問題についての研究を進めています。
 特に経済活動と道徳は一体であるとする「道経一体思想」に基づいた研究を続けており、近年ではビジネス・エシックス(経営倫理)の分野で、日本国内における研究の主導的役割をはたしています。

Section of Education Studies

教育研究室では、個人の道徳性の発達と、望ましい家庭、学校、社会づくりを促進するために、モラロジーに基づいた道徳教育について研究をしています。
 廣池千九郎の思想に加えて、海外の理論を含んだ様々な道徳教育法に関する研究や、カウンセリング、同和問題など実際問題への対処法についても取り組んでいます。